WordPressのサイト閉鎖に伴うコンテンツの移行手順について>.htaccessの設定

   

我ながらこの二年くらいでWordPressを使ってサイトを立ち上げまくっておりまして。それにともなって色んなコンテンツを書いてきた訳ですが、時間が経過してみると、とあるサイトを別のサイトにマージしたり、そもそも閉鎖してしまうなんていうこともあるんですね。

サイトとして維持するのは終了!とは言え、自分が書いたコンテンツが消えるのは忍びない。ということで、コンテンツをそのまま別のサイトにマージしてしまいましょう!となる訳です。そんなニーズに答えます。

手順は下記の通り

  1. 移行元サイトからコンテンツをエクスポートする
  2. 移行先サイトにWordPress Importer等のインポートツールを使ってコンテンツをインポートする
  3. インポートの際に、自分のIDにコンテンツを紐付けるのを忘れずに
  4. 旧サイトに.htaccessを設置して、新サイトに飛ばすようにする

1〜3については、WordPressのダッシュボードで完結するので割愛します。

エクスポートは、管理画面のツール>エクスポートを選択してコンテンツを選択してファイルをダウンロードすれば完了。

インポートは、ツール>インポート>WordPressを選べば適切なプラグインがダウンロードされます。

それで4についてです。

移行した場合ですね。サーチエンジンはしばらく旧サイトにキーワードが紐付けられているので旧サイトにアクセスが飛んできます。例えば

http://旧サイトドメイン/検索したコンテンツ.html

みたいな所にたどり着く。希望としては

http://新サイトドメイン/検索したコンテンツ.html

という感じで、移転先ドメインにそのまま飛ばして、404not foundにならないように接続したいじゃないですか。そういう時は、こんな風に.htaccessを書きましょう。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(旧.ドメ.イン)(:80)? [NC]
RewriteRule ^(.*) http://新ドメイン/$1 [R=301,L]

旧.ドメ.インの部分は .が入っている場合に  を入れてくださいという意味です。

こう書いておくことで、新ドメインにスムーズに移転されます。めでたしめでたし。

オススメNginx本

nginx実践入門 (WEB+DB PRESS plus) 単行本(ソフトカバー) – 2016/1/16

nginxを現場で活用するための知識を、実践的なノウハウを交えて解説した書籍です。nginxのインストール方法や基本的な設定方法からはじめ、nginxを利用した「静的コンテンツ配信サーバ」「HTTPSサーバ」「Webアプリケーションサーバ」「大規模コンテンツ配信システム」の構築方法をそれぞれ詳しく紹介しています。後半ではnginxサーバのモニタリングやログの収集、そして軽量スクリプト言語Luaでnginxを拡張する方法について解説しているので、nginxをこれから使う方はもちろん、さらに活用したい方にもお勧めです。

 - Wordpress