WordPressで長期間サイトを運営するのであればテーマ固有のショートコードは使うまい

   

特に、テーマはどこかからダウンロードして(購入して)使う人へ向けて。

各投稿内に使用できるショートコードは、非常に便利ではあるのですが、テーマを変更する際に非常に難しいことになるのです。

そのままのスタイル、CSSを、次に使うThemeに持ち込んだとして、それがちゃんと稼働するのなら良いのですが、レスポンシブデザイン全盛のこの時代。別のテーマで使っていたHTML&CSSが別のテーマに対応しているわけもなく…

結局すべてをやり直す必要性にかられる訳ですよ。個別の投稿において設定していたショートコード(もう何年も使っていれば、その数は膨大になり、しかももうどんな風に使ったかなんて覚えている訳はないのです)

これは非常に辛いと思う。

同じ作者のThemeであれば、そのまま設定を引き継いでいたりしてくれるので、問題ないこともなくはないと思うのですが、デザインなんてその時の気分次第でしょ!という人は、気を付けて下さいね。

WordPressは便利だし、Activeだし、これからも利用者を増やしていくとは思うのですが、サイトのリニューアル時の取り扱いについてはまだまだ弱いところがあるよねと思うので。

オススメNginx本

nginx実践入門 (WEB+DB PRESS plus) 単行本(ソフトカバー) – 2016/1/16

nginxを現場で活用するための知識を、実践的なノウハウを交えて解説した書籍です。nginxのインストール方法や基本的な設定方法からはじめ、nginxを利用した「静的コンテンツ配信サーバ」「HTTPSサーバ」「Webアプリケーションサーバ」「大規模コンテンツ配信システム」の構築方法をそれぞれ詳しく紹介しています。後半ではnginxサーバのモニタリングやログの収集、そして軽量スクリプト言語Luaでnginxを拡張する方法について解説しているので、nginxをこれから使う方はもちろん、さらに活用したい方にもお勧めです。

 - Wordpress