さくらのVPSにCUIでログインする

ついにやってきましたCUIです。黒い画面です。このサイトで読者の皆さんに、好きになってほしいと切に願っているあれです。

また、こちらでは著者の環境の都合上、ローカルPCはMacを使わせていただきますが、Windowsでもやることは基本的に同じです。VPSにログインしてしまえば、WindowsだろうがMacだろうが環境はVPS上のOSですから関係ありませんね。それでは早速ログインしましょう。

ログインコマンドは ssh です。

sshとは何か?

ログインに使うコマンドsshは、対象となるサーバにssh接続をしますよというものです。通常のウェブブラウザを介したサーバへのアクセスはhttp(もしくはhttps)接続ですが、ここではssh接続を行います。

Secure Shell(セキュアシェル、SSH)は、暗号認証の技術を利用して、安全にリモートコンピュータと通信するためのプロトコルパスワードなどの認証部分を含むすべてのネットワーク上の通信が暗号化される。(via Wikipedia)

それでは、ターミナル.appを立ち上げてください。(Windowsの場合はTeraTerm等をインストールしてください。)

terminal

ターミナル開いた直後の画面

ターミナル開いた直後の画面

こんな感じの画面が出ていると思います。GeorgeMBAというのは私のMacBook Airで、georgeというアカウントでログインしていることを指しています。皆さん個々の環境で違って見えると思いますので、そのあたりは気にしなくてOKです。

ログインしてみましょう

ここまで来たら、こちらのコードを打ち込んで接続をしてください。

ssh [email protected]あなたのVPSのIPアドレス

これだけです。これを打ち込むと、パスワードを求められると思いますので、ここに載せた仮登録メールに書かれている初期パスワードをコピペしてEnterボタンを押してください。ペーストは、Ctrl + vで通常通りに出来ますよ。

これでログイン出来たと思います。簡単でしょう?

次のステップへ→初期設定:作業ユーザの作成

オススメNginx本

nginx実践入門 (WEB+DB PRESS plus) 単行本(ソフトカバー) – 2016/1/16

nginxを現場で活用するための知識を、実践的なノウハウを交えて解説した書籍です。nginxのインストール方法や基本的な設定方法からはじめ、nginxを利用した「静的コンテンツ配信サーバ」「HTTPSサーバ」「Webアプリケーションサーバ」「大規模コンテンツ配信システム」の構築方法をそれぞれ詳しく紹介しています。後半ではnginxサーバのモニタリングやログの収集、そして軽量スクリプト言語Luaでnginxを拡張する方法について解説しているので、nginxをこれから使う方はもちろん、さらに活用したい方にもお勧めです。

公開日: