さくらのVPSを起動する:コントロールパネル

ここまではCUI出てきませんので気軽にやってください。

さくらのVPSに申し込みが完了すると、「[さくらのVPS] 仮登録完了のお知らせ」というタイトルでメールが届きます。重要なのはここですね

[サーバ基本情報]
IPアドレス:xxx.xxx.xxx.xxx

[管理用ユーザ]
ユーザ名 :root (for Windows Server の場合は Administrator )
初期パスワード:*************

[VPSコントロールパネル ログイン情報]
URL :https://secure.sakura.ad.jp/vps/
IPアドレス:xxx.xxx.xxx.xxx
パスワード:*************

ここにあるIPアドレスとパスワードでコントロールパネルにログインします。

さくらのVPSのコントロールパネルはこちらです。

因みに、さくらの会員IDと会員パスワードでログインすると、その会員IDで契約したさくらのVPSすべてにアクセス出来ますが、ひとまず最初の一つだと思うので気にしなくて良いです。

コントロールパネルにログインした図。

さくらのVPSのコントロールパネルにログインした図

さくらのVPSのコントロールパネルにログインした図

複数契約しているとこんな感じになります。(要会員パスワードログイン)

ローカルネットワークを組む時等には会員パスワードでのログインが必要になります。

それでは、契約したVPSの枠をクリックしてみてください。すると、サーバの詳細画面に飛びます。

サーバ起動前は「停止中」になっている

サーバ起動前は「停止中」になっている

青枠内にある起動ボタンを押しましょう。起動してよろしいですか?と確認画面が出ますので「起動」してください。停止中だったステータスが稼働中に変われば、起動完了です。

次の手順へ:さくらのVPSにCUIでログインする

オススメNginx本

nginx実践入門 (WEB+DB PRESS plus) 単行本(ソフトカバー) – 2016/1/16

nginxを現場で活用するための知識を、実践的なノウハウを交えて解説した書籍です。nginxのインストール方法や基本的な設定方法からはじめ、nginxを利用した「静的コンテンツ配信サーバ」「HTTPSサーバ」「Webアプリケーションサーバ」「大規模コンテンツ配信システム」の構築方法をそれぞれ詳しく紹介しています。後半ではnginxサーバのモニタリングやログの収集、そして軽量スクリプト言語Luaでnginxを拡張する方法について解説しているので、nginxをこれから使う方はもちろん、さらに活用したい方にもお勧めです。

公開日: