[さくらのVPS]常駐の有人監視を行っている業者は心強いという話

   

タイトルにさくらのVPSと付けましたが、これは自分自身が緊急対応をお願いしたことがある経験からです。

他にも有人監視をサービス内容に入れている事業者がありますので、そのあたりはこちらの徹底比較のスプレッドシートを参照してみてください。

事件が起きたのは金曜日の19時過ぎでした。うわぁ…こんな時間に…という心の声が聞こえた。

メモリが足りなくなるような処理を諸々とやっていたのですが、突然ssh接続が切れ、Webもシャットダウンしました。

こういう時はさくらのVPSのコントロールパネルからVPSの再起動をかければ良いのですが、コンパネの再起動ボタンも使えなくなっていました。

嗚呼やばい。これは何か大変な事をしでかしてしまったぞ。と思ったのですが、取り敢えず問い合わせを入れるのです。

どこでも良いのでつながってくれと祈りながら19時過ぎに電話に出てくれることなんて無いだろと思いつつ電話。VPS窓口は電話受付が無いんですよね。非常に迷惑なことは分かっておりつつも、電話番号がかいてある所にかけてみました。

さくらのVPSとは別の部署の方に対応頂いたのですが、きちんと担当に回してくれまして、その後迅速に対応いただけました。

以下はその時もらったメール。

VPSコントロールパネルリソース情報より、該当仮想サーバに一時的に
過剰な負荷が発生したこと、また弊社管理システムより、過剰な負荷検知に
対し、一時的なリソース制限を実施したことを確認いたしました。

リソース制限実施中に仮想サーバへ停止を試みられた結果、シャットダウン
処理に大幅に時間が掛かっており、処理中ためアクセスできない状態であった
と考えられます。

シャットダウン処理は19:55に完了し、仮想サーバは正常に停止しております。

現在はお客様にて起動を実施され、VPSコントロールパネルVNCコンソール
にてログイン画面表示を確認しておりますが、症状が継続中合は、詳細な
状況も含めまして、あらためてご連絡くださいますよう、お願いいたします。

ご不明な点やご質問等ございましたら、本メール返信にてお問い合わせ
ください。

今後ともさくらインターネットをよろしくお願いいたします。

ということで、原因と復帰時間入りでメールもいただけました。

落としちゃいけないサービスは、常駐の有人監視がある事が大前提になるよねと個人的には思います。



オススメNginx本

nginx実践入門 (WEB+DB PRESS plus) 単行本(ソフトカバー) – 2016/1/16

nginxを現場で活用するための知識を、実践的なノウハウを交えて解説した書籍です。nginxのインストール方法や基本的な設定方法からはじめ、nginxを利用した「静的コンテンツ配信サーバ」「HTTPSサーバ」「Webアプリケーションサーバ」「大規模コンテンツ配信システム」の構築方法をそれぞれ詳しく紹介しています。後半ではnginxサーバのモニタリングやログの収集、そして軽量スクリプト言語Luaでnginxを拡張する方法について解説しているので、nginxをこれから使う方はもちろん、さらに活用したい方にもお勧めです。

 - VPSの選び方