さくらのVPSにnginx1.7.10をインストールするには

   

例によってベースはUKlabさん。 (感謝)

内容が古くなっているので、このままコピペしてもダメです。
先日、UKlabさんからアップデートを頂いたのですが、コメント欄に入っているので分かりづらい可能性があるのと、自分でもよくやる事なのでこちらにまとめなおしておこうと思います。

ビルド環境を整える

ここは修正点ありません。以下の2つのコマンドを打ってフォルダを準備しましょう。

mkdir $HOME/rpmbuild $HOME/rpmbuild/SOURCES $HOME/rpmbuild/SPECS $HOME/rpmbuild/BUILD $HOME/rpmbuild/SRPMS $HOME/rpmbuild/RPMS $HOME/rpmbuild/RPMS/x86_64

echo "%_topdir $HOME/rpmbuild" >> $HOME/.rpm macros

パッケージのファイルを揃える

こちら変更あります。

rpm -ivh http://nginx.org/packages/mainline/centos/7/SRPMS/nginx-1.7.9-1.el7.ngx.src.rpm

バージョンが変わっていますので要注意。
最新版はこちら:http://nginx.org/packages/mainline/centos/7/SRPMS/

次にソースディレクトリに移動します

cd ~/rpmbuild/SOURCES/

nginxのファイルをDLしましょう。こちらから

1.7.10を使う場合は以下のコマンドでどうぞ

wget http://nginx.org/download/nginx-1.7.10.tar.gz

次にビルドディレクトリに移動

cd ~/rpmbuild/BUILD/

ngx_cache_purgeとngx_page_speedをダウンロードして展開します。

こちらからキャッシュパージ

2.3で良い場合は以下のコマンドで。

wget http://labs.frickle.com/files/ngx_cache_purge-2.3.tar.gz

展開しておきます

tar vzxf ngx_cache_purge-2.3.tar.gz

次に、Page speed。詳細はここを見る

現時点での最新版のDLと展開の方法が書いてあるのでそのままやる

NPS_VERSION=1.9.32.3
wget https://github.com/pagespeed/ngx_pagespeed/archive/release-${NPS_VERSION}-beta.zip
unzip release-${NPS_VERSION}-beta.zip
cd ngx_pagespeed-release-${NPS_VERSION}-beta/
wget https://dl.google.com/dl/page-speed/psol/${NPS_VERSION}.tar.gz
tar -xzvf ${NPS_VERSION}.tar.gz  # extracts to psol/

これで、1.9.32.3のpagespeedのDLと展開が完了する。

ライブラリを追加

yum install gcc-c++ pcre-dev pcre-devel zlib-devel make

SPECファイルを編集しましょう

cd ~/rpmbuild/SPECS/
vi nginx.spec

で、中身をこちらに変更して下さい(UKlabさん感謝)

2行目のnginxのバージョンだけ変えて下さい。1.7.9→1.7.10へ

これでビルド出来ると思います。

rpmbuild -bb nginx.spec

続いてインストール

 

cd ~/rpmbuild/RPMS/x86_64/
rpm -Uvh nginx-1.7.10-1.el6.ngx.x86_64.rpm

これで完了。

オススメNginx本

nginx実践入門 (WEB+DB PRESS plus) 単行本(ソフトカバー) – 2016/1/16

nginxを現場で活用するための知識を、実践的なノウハウを交えて解説した書籍です。nginxのインストール方法や基本的な設定方法からはじめ、nginxを利用した「静的コンテンツ配信サーバ」「HTTPSサーバ」「Webアプリケーションサーバ」「大規模コンテンツ配信システム」の構築方法をそれぞれ詳しく紹介しています。後半ではnginxサーバのモニタリングやログの収集、そして軽量スクリプト言語Luaでnginxを拡張する方法について解説しているので、nginxをこれから使う方はもちろん、さらに活用したい方にもお勧めです。

 - Tips