イラストレーターでPDFを配置したら、アウトライン化されてしまう時の対処

   

もうね、最近取得したTipsをどんどんあげる事で、ストレスを発散するライフハックですよこんばんは。

今日のお題は、イラストレーターに「配置」を使ってPDFを配置したのに、フォントが存在しないのでアウトライン化して配置するよ?「はい/いいえ」と出てしまってアウトライン化しないと配置が出来ない。という状況をどうやって打破するのか。です。

一応断っておきますが、同一PCで作ったWordファイルをPDF可してイラストレーターに配置を行なっていたのですが、ある瞬間からフォント情報が壊れてしまったのか(原因はよくわかりませんが)今まで出来ていた配置が出来なくなってしまった!という奇特な状況になった方に向けてのTipsです。

なんで同じPCなのにフォントが無いとか言われるのか意味不明ですが、その理不尽さについては目をつぶって筆を進めます。

ダメな手順:Word→PDFで保存→イラストレーターで配置

解決した手順:Word→PDFで保存→Acrobat Proで開く→適切な処理を行なってフォントをアウトライン化→イラストレーターで配置

うわぁ…面倒くさい。

だって、さっきまで出来ていたはずなのに…。何が起きたの!?というまさに青天の霹靂。ぐぬぬという声を殺して、手順をこなしていけば幸せになれるのです。もう目をつぶって祈るしか無い。

Wordから作ったPDFファイルにはフォント情報が残っている

まぁそりゃそうですよ。だって、PDFから文章そのままコピー出来ますからね。こいつをアウトライン化するのです。その為の手順

  • イラストレーターで新規ファイルを作成→何も書かずにPDFで保存(ファイル名は透明.pdfとかにでもしておきましょう)
  • Acrobat PROでPDF化したWordファイルを開く
  • ファイルメニューの[文書]>透かし>追加をクリック
  • すると下記の画面が出ますので、ファイル>透明.pdfを選択 不透明度は100%以外にしてこの画面右下にある[OK]ボタンを押します

sukashi-3

  • ファイルメニュー>アドバンスト>印刷工程>分割・統合プレビューをクリックして下記の画面を呼び出す

all3

  • 全てのテキストをアウトラインに変換、文書内の全てのページを選択して適用を押す

これで、新規のアウトライン化されたPDFが生成されます。あとは、生成されたPDFを保存してイラストレーターで配置する。これでOK。

フォント情報がなくなっているので、当然PDFから文章をコピペすることは出来なくなっています。

アウトライン化されて文字化けに悩んだ人は参考にしてみてください。

オススメNginx本

nginx実践入門 (WEB+DB PRESS plus) 単行本(ソフトカバー) – 2016/1/16

nginxを現場で活用するための知識を、実践的なノウハウを交えて解説した書籍です。nginxのインストール方法や基本的な設定方法からはじめ、nginxを利用した「静的コンテンツ配信サーバ」「HTTPSサーバ」「Webアプリケーションサーバ」「大規模コンテンツ配信システム」の構築方法をそれぞれ詳しく紹介しています。後半ではnginxサーバのモニタリングやログの収集、そして軽量スクリプト言語Luaでnginxを拡張する方法について解説しているので、nginxをこれから使う方はもちろん、さらに活用したい方にもお勧めです。

 - Tips