WordPressをNginxでホストした時の変更点@W3 Total Cache

   

Apacheで運用していたWordPressを、Nginx構成のサーバに移管してみた時に気付いたことがあるんです。

ちょっとしたアクセスが続くと、ハングアップする。Amazon EC2の場合はインスタンスが死亡します。

最初は、cache系のプラグインを削除して様子を見ていたのですが、今日調べていたらこんなページを見かけて、そういうことか!と言うことでシェア。

(WordPress) W3 Total Cache + Nginx 

なんかよく見ると、WordPressのルートにnginx.confとかいうファイルが存在してた。
見てみると、W3 Total Cacheに関する設定がずらりと。
というわけで、真の解決法はもしかするとこれをインクルードするだけでいいのかも。

include /var/www/wordpress/nginx.conf;

これでレスポンスまでの時間を測ると、上に書いたものより速い。

ああ、これだわ。確かにWordPressのドキュメントルートにnginx.confというのができてる。

という訳で、AmazonEC2に構成したWordPressですと

vi /etc/nginx/conf.d/default.conf

という感じでconfを呼び出して、最後の } の手前に

include /var/www/vhosts/インスタンス名/nginx.conf;

と書き込んでやれば、フリーズするという事もありません。

結構大事なのでシェア。因みに今回移転したサイトはsomeoneです。

http://someone.jp

オススメNginx本

nginx実践入門 (WEB+DB PRESS plus) 単行本(ソフトカバー) – 2016/1/16

nginxを現場で活用するための知識を、実践的なノウハウを交えて解説した書籍です。nginxのインストール方法や基本的な設定方法からはじめ、nginxを利用した「静的コンテンツ配信サーバ」「HTTPSサーバ」「Webアプリケーションサーバ」「大規模コンテンツ配信システム」の構築方法をそれぞれ詳しく紹介しています。後半ではnginxサーバのモニタリングやログの収集、そして軽量スクリプト言語Luaでnginxを拡張する方法について解説しているので、nginxをこれから使う方はもちろん、さらに活用したい方にもお勧めです。

 - Wordpress